ジョナタン(ジョナサン)グスマンの戦績やwiki風プロフィール

この記事は2分で読めます

今回は、明日の夜リーゼントボクサー和氣慎吾選手と対戦するジョナタングスマン選手の戦績や、wiki風プロフィールを調べてみましょう。

 

和氣慎吾選手は髪型が昔に流行っていたリーゼントスタイルなので、見た目もかなりのインパクトがありますが、スーパーバンダム級王者と実力もかなりのものです。

見た目だけではない男です。

 

しかし、明日対戦するジョナタングスマン選手は後ほど紹介しますが、未だ負けたことがない無敗の選手なので和氣慎吾選手にとっては非常に厳しい試合になるのではないでしょうか。

それではさっそく調べてみましょう。

Sponsored Links

ジョナタングスマンのプロフィール

それではさっそくジョナタングスマン選手のプロフィールを見ていきましょう。

ヤフーの番組表では、ジョナタングスマンと書いてありますがWikipediaではジョナサングスマンと書いてあるんですよね。

いったいどっちが正しいのでしょうか。(ここではジョナタングスマンとします)

 

image-2

 

・本名 ジョナタングスマン

・生年月日 1989年7月17日

・国籍 ドミニカ共和国

・身長 169センチ

です。

 

ジョナタングスマン選手は2011年にプロデビューされております。

海外の選手なので、ボクシングを始めた経緯とかの詳しいプロフィールは載っていませんでした。

 

ジョナタングスマンの戦績

Sponsored Links

それでは、ジョナタングスマン選手の実力がどのくらいなのか戦績を調べてみましょう。

まあ日本に来て試合をするくらいなので、弱いということはありませんが。

 

ジョナタングスマン選手が2011年にプロデビューしてからの戦績ですが、

・試合数 21

・勝ち 21

・負け 0

となんと未だ負けたことと、ダウンをしたことが1度もないそうです。

さらに、驚くのはこれだけではなく、21個の勝利のうち全てがKOによる勝利によるものだそうです。

ジョナタングスマン選手は、最強なことからソロモンの王様と言われているそうです。

 

これは和氣慎吾選手にとっては、史上最強の相手になるのではないでしょうか?

ジョナタングスマン選手は、ものすごいパンチ力を持っていることはわかると思いますが、これに加えて相手の弱点や強打を見抜く「眼」を持っており、少しでも見抜いたら連打のように一気に畳み掛けるという頭脳も持ち合わせております。

 

対する和氣慎吾選手も勝利数26のうち、12回KO勝ちなのでかなり激しい戦いが見れるのではないでしょうか。

やはり観客が見ていて1番面白いのは、距離をとってるばっかりの試合でなくガンガン向かっていく戦いだと思うので、その試合が実現しそうですね。

 

さあ、和氣慎吾選手は全勝のジョナタングスマン選手を返り討ちにすることができるのでしょうか。

なんだか、はじめの一歩の鷹村VSブライアンホーク戦のような感じになるような気がしますね。笑

キービンララの戦績や身長などのwiki風プロフィールまとめ!

 

それでは明日の試合を楽しみにしておきましょう。

それでは!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。