高畑裕太の今後は?24時間テレビ等の出演作品の対応は?

この記事は3分で読めます

今回は、逮捕されてしまった高畑裕太さんの

・気になる今後

・24時間テレビ等の出演作品の対応

について調べて書いていこうと思います。

 

いやー、びっくりですね。

少し前に清原和博さんが逮捕されたぐらいびっくりしました。

まだ「22歳という大人になりきれていない大人」という年齢を考えても、今回の一件はちょっと今後に影響がでそうですね。

 

高畑裕太さんは、逮捕されてしまったので今後どうなるのか非常に気になりますね。

[関連記事]

高畑裕太の手口が巧妙で初犯じゃない?過去の被害女性一覧も

 

ましてや今週の土曜日から放送される24時間ドラマ内のドラマにも出演が決まっていましたからね。

それでは早速調べていきましょう。

Sponsored Links

高畑裕太の今後は?

まずは簡単に今回の一件のおさらいですが、ビジネスホテルに宿泊していた高畑裕太さんが、40代ぐらいのホテル従業員女性に対して、「無理やりやってはいけない行為」をした事が原因で逮捕されてしまうという内容ですね。

さらに、全治1週間の怪我までさせていますからねm(_ _)m

(高畑裕太さんの行為が曖昧な表現ですいません)

 

まだ何年服役するという細かいところまで話は進んでいないのでそこまではわかりませんが、ネット上では5年間ぐらいの服役では?という声が多いですね。

5年かはあくまで予想ですが、20代のうちには出てくる可能性は高いと思われます。

 

そうなった時に気になるのは芸能界に復帰できるのか?ということです。

仮に30歳で出てきたとしても、バリバリ働ける年齢ですからね。

 

ただ、高畑裕太さんが今後芸能界に復帰できる可能性は極めて低いとされています。

テレビに出る方には、視聴者には憧れの存在でいてほしいと思っていますし、今回の一件で信用をガクンと落としてしまいましたからね。

再び犯行をしてしまう可能性もゼロではないです。

 

やはり、テレビに出演しているということはそれだけ責任も大きいということをわかってほしいですね。

坂上忍さんは確か「代償がでかすぎる」と発言していたので、復帰は限りなくゼロに近いでしょう。

ただ、

 

 

このように高畑裕太さんが逮捕されて、ショックを受けているファンも多くいることも事実です。

中には復帰を望む人もいるので、私も辛いかと思いますが復帰を望んでいる派です!

 

高畑裕太の24時間テレビ等の出演作品は?

Sponsored Links

そんな高畑裕太さんは、最近テレビ主演や出演依頼が多くなって来ていてこれから仕事がたくさんという状態だったそうです。

だとすると気になるのはそれらはどうなるの?ということです。

それでは調べていきましょう。

 

まずは何と言っても今週から始まる24時間テレビでしょう。

高畑裕太さんは24時間テレビの

・愛は地球を救う

・盲目のヨシノリ先生

に出演が決まっていました。

 

24時間テレビは明日から放送開始されるので、スタッフもかなり焦ったことでしょう。

24時間テレビの対応ですが、

・愛は地球を救う 主演見送り

・盲目のヨシノリ先生 主演シーンをカットして代役で再撮影

という対応をするそうです。

すでに撮影は終わっているかと思いますが、やはりあんな事をした後はテレビに出れないですね。

 

続いて10月からNHK始まる「真田丸」にも出演が決まっていました。

NHKのドラマは視聴率がかなり良いので、出演していたら今後に大きなプラスとなったでしょう。

「真田丸」のスタッフの対応は、出演見送りだそうです。

ファンも楽しみにしていたと思うので、残念ですね。

 

次にいま現在放送されているテレビドラマの「仰げば尊し」に関してです。

仰げば尊しは毎週放送されているので「やばくない??」と思ったのですが、すでに高畑裕太さんが出演するシーンは全て終わっているそうなので問題はないみたいです。笑

 

最後は今年の秋公開の映画「Lーエルー」です。

なんと高畑裕太さんは映画出演も決まっていました。

本当にもったいないですねm(_ _)m

この映画スタッフの対応はいま現在協議中なので、今度対応が発表されるそうです。

[関連記事]

高畑裕太の手口が巧妙で初犯じゃない?過去の被害女性一覧も

 

今回の一件で家族やファン、テレビ関係者に非常に大きな迷惑をかけた事をしっかりと反省してまた戻ってきてほしいですね。

それでは今回の記事は以上になります。

それでは!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。