[筑波山]登山初心者おすすめコースは?時間帯と服装と装備も

この記事は3分で読めます

今回は、茨城県のシンボルの1つよされている筑波山の

・登山初心者おすすめコース

・時間帯

・服装と装備

について調べて書いていこうと思います。

 

筑波山は日本ではかなり有名で、パワースポットとしても有名ですよね。

毎年季節を問わずに多くの人が集まっています。

「日本で有名な山は?」と聞くとやはり富士山が最初に浮かぶかもしれないですが、筑波山も負けてはいないかと思います。

mt261

 

そんな筑波山ですが毎日多くの人が登山をしているので、「私も1回は登ってみたい!」と思うかと思います。

しかし、筑波山の登山にはいくつかのルートがあって初心者の方はどこのコースを登れば良いのかわかりませんよね。

 

一応Wikipediaには指定登山として7つのコースがあるとされています。

それではさっそく調べていきましょう!

 

Sponsored Link

筑波山初心者おすすめのコースは?

それではさっそく筑波山初心者おすすめコースを見ていきましょう。

 

筑波山が指定している登山指定コースには

・御幸ヶ原コース

・白雲橋コース

・迎場コース

・おたつ石コース

・深峰遊歩道

・薬王院コース

・女体山コース

の7つです。

 

まず避けたほうが良いのは女体山コースです。

 

コースの名前に「女」と書いてあるので、女性用のコースだから楽なんじゃないの?と思うかもしれないですがそんな事はありません。

女体山コースは北側のキャンプ場から登って行くのですが、このコースは

・1番人が少ない

・たまに整備されていない道がある

です。

 

私が登った限りではそこまで厳しいコースではなかったですが、今回は「初心者おすすめのコース」なので女体山コースは避けるべきかなと思います。

最初の登山ってやっぱり不安もありますよね。

なので1番利用者の少ないコースで何かあって助けが呼べないと大変です。

 

では女体山コースを抜いたうち、なんのコースがおすすめかというと

・深峰遊歩道

・迎場コース

です!

 

・深峰遊歩道

このコースの名前に「深」が入っているので、なんだか初心者には向かなそうな感じがしますが、

・登山道が完全整備

・道の幅も広い

ので初心者には最高なコースかと思います。

 

・迎場コース

このコースは

・岩場が少ない

・標高差もそれほどな

という事で初心者にはおすすめのコースとなっております。

さらに、この2つのコースは登り40分下り35分とそこまで長くはないのでそういっった意味でもおすすめだと思います。

 

他のコースでは登りに100分かかるとかもあるので、いきなり挑戦はしなくてもいいかと思われます。笑

ただ筑波山は

 

 

このように普通に若い女性でも登れるのでそこまで警戒はしなくてもいいかと思います。

 

筑波山登山おすすめの時間帯

 

Sponsored Link

登るコースが決まったのならば、次はどの時間帯に登るかですよね。

時間帯を間違えてしまうと「折角の頂上からの景色が何も見えない」なんてパターンもあります。笑

そうなった時の悲しさは半端ではありません。

 

これは筑波山に限らず全ての登山に言える事ですが

・早出早着き

が登山の鉄則です。

 

平日か休日かにもよって変わってきますが、筑波山並みに日本で有名な山ならば当然混みます。

筑波山まではつくばセンターからシャトルバスでだいたい50分ぐらいでいけるのですが、混む時は3時間ぐらかかることもあるそうですよ。笑

 

50分の道が3時間ですからね。笑

なのでおすすめの時間帯というのは「とにかく早く」なので、はっきりと何時とは言い難いですね。

強いて言うのならば7時過ぎぐらいからでしょう!

 

筑波山登山の服装と装備

それでは最後に筑波山を登る時の服装や装備について調べてみましょう。

服装や装備はあなたが何月に登るのかによっても変わってきます。

 

8月に登るからといって、半袖半ズボンは絶対にNGです。笑

多分半袖半ズボンで行ったら登る事も不可能になるでしょう。

 

山の温度と普通に私たちが生活している場所の温度は全然違いますからね。

ちなみに筑波山の8月の気温は

・最高気温 19度

・最低気温 10度

・平均気温 14度

となっています。

 

それではどういった服装や装備が良いかといいますと、これは目で見たほうがわかりやすのでこちらをご覧ください。

fukuso_img

 

少し見えづらいかもしれないですが、左が夏で右が冬です。

夏場は冬場に比べると比較的普段の秋ぐらいの服装でいけますね。

 

また、登山となるとやはり防寒のイメージが強いですが、7、8月ぐらいではニット帽や手袋やダウンジャケットのようなものも必要ないかと思います。

 

ジーンズで登山はどうなの?という声をたまに聞きますが、登山にジーンズはやめておきましょう。

ジーンズは濡れると重くなって動きが鈍くなる可能性があるのでジーンズ以外のスボンを選びましょう。

 

こう見ると冬場よりも夏場のほうが服装選びは難しいですね。

冬場は極寒があらかじめ予想できているので、できるかぎり着て体を温めれば良いですが夏場は暑すぎてもきついですからね。笑

 

筑波山は多くの人で賑わっている人気登山スポットです。

山を登り頂上から見る景色は最高なので、ぜひあなたも1度は登ってみてください^^

それでは!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。