何者(映画)の感想や評価につまらないの声?あらすじや原作も!

この記事は5分で読めます

今回は、今現在公開されている映画

「何者」

・感想や評価

・あらすじ

・原作

について調べて書いていこうと

思います!

 

現在公開している映画、何者には

・佐藤健

・有村架純

・山田孝之

・二階堂ふみ

などなど「豪華すぎない?」と

思ってしまうほどの良いキャストなので

かなり注目を集めております。

 

ただ、見た人の感想を少し調べてみると

以外と「つまらない」という声が

多いですがどうなんでしょうか、、、。

 

それでは早速調べていこうと

思いますー!

 

 

Sponsored Link

 

 

何者のあらすじ

 

 

それではまずは、何者のあらすじから

調べて書いていこうと思います!

 

何者のあらすじは簡単にですが、このような

感じとなっております。

 

主人公・二宮拓人は御山大学社会学部の大学生。

拓人は大学で演劇サークル「劇団プラネット」の脚本家として活動していたが、就職活動を機に演劇とは決別した。

そして、今は就活を通して仲間になった同じ大学の4人と一緒に、内定を狙って活動している。

・神谷光太郎は拓人とルームシェアしている元・バンドマン。就活を機に金髪を黒髪短髪へと変えた。

・田名部瑞月はアメリカ留学していた光太郎の元カノで、拓人が片思いしている相手でもある。

・小早川理香は瑞月の友達で、意識が高い就活生。エントリーシートやOB訪問などの活動にも余念がない。

・宮本隆良は理香と同棲している彼氏で、就活にはあまり興味がなくクリエイティブな活動で生きていきたいと思っている。

拓人たち5人は表現上は仲良くやっているものの、本音はそれぞれ。

特に観察者気質の拓人は、メンバーのTwitterなどを逐一チェックし、内心では他のメンバーの事を見下していた。

しかし、かといって拓人の就活自体も難航している。

拓人は同じ演劇サークル出身で、今は自分の劇団を立ち上げて活動しているギンジの生き様を見ては複雑な心境になるのであった。

 

なんだか出演するキャストもそうですが、

「就職活動」「SNS」など

かなり若者をターゲットにしている

映画かと思われます。

 

ついでに何者の予告動画を貼って

おきますので、良かったら見てみて

ください!

 

 

 

男女でルームシェアをする所も

なんとなく今流行りのテラスハウス

みたいな感じがしますねw

 

それにしても主演の佐藤健さん、、、

髪の毛が長い方がイケメンのような

気がするのは私だけでしょうか?w

 

演技力はこれまでに佐藤健さん主演の

映画をたくさん見ているので、何も

文句はないですが。

 

 

 

何者の原作は?

 

 

Sponsored Link

 

 

 

さて、そんな何者の映画の原作は

あるのでしょうか。

 

映画を見た後に、原作があるのか

気になる人は多いかと思います。

 

調べてみた結果、何者は朝井リョウさんの

小説を原作にしている映画のようです!

 

277207fb64494bcb75aafe303b00bbd6c9b8f300-77-1-8-2

 

朝井リョウさんは、

「桐島部活やめるってよ」

有名な小説家さんですね^^

 

それにしても、書いた小説が2つも

実写化で映画化されるってすごい

ですねw

 

朝井リョウさんは、何者や桐島部活やめるってよの

他にもいくつも作品を書いているので

今後また映画化されるかもしれない

ですね!

 

 

 

何者の感想や評価につまらないの声?

 

 

 

そんな朝井リョウさん原作の映画

何者ですが、出演者もかなり豪華であり

「恋愛」「友情」などなど若者に人気の

ありそうなジャンルです。

 

なのでかなり多くの人の見たいという

声がネット上には多いのですが、以外と

見た人の感想や評価だと「つまらない」

「微妙」という声が目立ちました。

 

まあ映画の感想や評価は、見た人によって

違うので全ての人がこのような感想を

持っているわけではないですが。

 

それでは何者の感想や評価を

調べてみようと思います。

 

まず、ヤフー映画の評価ですが

星5個のうち2個半分となって

おります。

 

まあヤフー映画による評価は、全ての作品に

対して辛口評価なのでしょうがないかも

しれないですがw

 

それでは次に見た人の感想や評価を

調べてみましょう!

 

・テレビでやればいいものをどうして映画館で?
映画館で1800円払う必然性が、どこにもない。

 

・ 原作は読んでいません。個人的には好きな話でした。しかし、何か物足りない感はありました。豪華キャスト、米津玄師×田中ヤスタカ、予告編の雰囲気でかなり期待していた分残念ではありました。

 

・役者さんが豪華なので期待して見に行きましたが、

最初は面白かった!
確かに共感することも多い。

けど最後のオチは は? っていう感じ
結局何が言いたいのかわからなかった。
原作見た人じゃないとあの終わり方じゃなにもわからないと思う。

 

・これ作った奴何者〜〜〜︎
マジでくっっっっそつまんなすぎて、呆れちゃいました
ほんと『一般人が作った就活物語映画ですかこれは?』と言ってもおかしくないほどオチもない!見所もない!つまらない!な作品すぎて、もぉ〜後半はため息連発でした。

 

・うーん。最後まで何を言いたいのか分からない作品でした。
単に主人公が今風ってことを言いたかっただけなんでしょうか。
これだけの役者陣を使ってこれはヒドイ。

 

・お目当ての有村さんも魅力が出てないし映画内容は説法とか思想に終始。
実際何か内容が破たんしていました。駄作で面白みが無い駄作だと思います。見てるのが辛い映画ですよ。

 

・朝井氏は例の名作「桐島、部活~」の作者なので原作未読ながら少々期待して見ました。酷くつまらない作品ではないですが、登場人物が多すぎて、各々の掘り下げが薄くなってしまって、せっかくの全体のコンセプトが曖昧になっている。

 

やはり評価を調べてみると、

「つまらない」という声が

多かったような気がします。

 

ん〜〜

キャストがかなり豪華なぶん

期待していた人は少しかわいそうな

気もしますね、、、w

 

それでは次にTwitterでの感想や

評価を調べてみましょう。

 

  

 

Twitterでは少しは「面白かった」という

声がありました。

 

ただ、見た若者には「少し難しい」

という声があったので少し

難しい映画なのかもしれません。

 

以上が何者の感想や評価ですが、今後

見る人の参考になれば幸いです!

 

それでは今回の記事は以上に

なります。

それではまたー!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。