ダヴィンチコードの原作や解説と考察!結末ネタバレについても!

この記事は3分で読めます

今回は、今夜地上波で放送される

ダヴィンチコード

・原作

・解説や考察

・結末ネタバレ

について調べて書いていこうと

思います!

 

ダヴィンチコードは、2006年に

日本で公開されたのですが、興行収入

90億円を突破するぐらいの人気作品と

なりました。

 

予告の動画を見た限りでは、かなり

内容が難しそうですよね。

 

まあ内容が難しいのもダヴィンチコードの

魅力の1つではないでしょうか。

それでは早速調べて書いていきましょー!

 

Sponsored Links

 

 

ダヴィンチコードの原作は?

 

 

 

ダヴィンチコードは、今から10年前の2006年に

全世界で同時公開されたミステリー映画

ですね!

 

davinci1

 

上映時間が2時間30分ぐらいとかなり

長い映画なので、見終わるぐらいには

お尻が痛くなっていそうですねw

 

ダヴィンチコードの原作は、2003年に

ダン・ブラウンさんが著作の長編推理

小説だそうです。

 

・モナリザ

・最後の晩餐

・ウィトルウィウス的人体図

などの謎に始まり、かなり難しく

不気味な内容なんですが全世界で7000万部を

超えるぐらいの大ベストセラーになりました。

 

やはり、ダヴィンチコードの映画には

難しいという感想が多かったです。

 

   

 

1つの本はだいたい10万部売れたら

かなりの大ヒット作品とされるのですが、

7000万部ってもう桁が違いますねw

 

ちなみに、7000万部は全世界の売り上げ

で、日本でも1000万部を超える売り上げを

記録しているので大ヒット作と言えるでしょう。

 

日本では上下巻で発売されているそうなので、

今度小説も読んでみようかな。

 

 

 

ダヴィンチコードの解説と考察

 

 

Sponsored Links

 

 

さて、そんなダヴィンチコードの小説は

1つの謎に対してしっかりと説明文を書いて

います。

 

しかし映画でいくつもの謎をしっかり時間を

かけていたら、上映時間が何時間あっても

足りないのがわかるかと思います。

 

映画では、謎に対する説明のテンポが

かなり早いので、のんきにポップコーンを

食べていたら遅れてしまう可能性もかなり

高い作品となっておりますw

 

leonardo-da-vinci

 

こちらが少し怖いですが

レオナルド・ダヴィンチさん。

 

レオナルド・ダヴィンチさんは

芸術家であり音楽家、科学者としても

かなりの実績を残していたそうなので

かなり万能の天才だそうですw

 

ダヴィンチコードは、かなり難しい内容の

映画なのでネット上ではかなり解説や

考察といったワードで検索されております。

 

ダヴィンチコードの解説や考察については、

こちらの記事にしっかりとまとめて

ありますので読んでみたい方は是非!

 

 

 

ダヴィンチコードの結末ネタバレ

 

 

 

それでは最後に、ダヴィンチコードの

結末のネタバレについて書いていこうと

思います。

 

結末ネタバレになりますので、もしも

見たくないのならばここで読むのを

ストップしておきましょう。

 

以下、ダヴィンチコードの結末のネタバレ

です!

 

スコットランドのロスリン礼拝堂へ向かいます。そこでソフィーは、以前にもここを訪れたことがあることを思い出します。ソフィーは自分の祖父が惨たらしい儀式を行っていたことを目撃し、その日から祖父と絶縁状態になったこと、家族が事故死し、その後シオン修道会が彼女を秘密裏に育てあげていたことをラングドンに語ります。ラングドンは彼女に、キリストの末裔であることを告げると、彼女と別れ、フランスのパリへ向かいます。パリに着いたラングドンは、ルーブル美術館へ行き、その下にマリアの棺が収められていることを確認します。

 

ダヴィンチコードは、かなり難しい

内容ですが、評価はかなり高い作品と

なっているので是非見てみることを

おすすめします!

 

それでは今夜の放送を楽しみに

しておきましょう。

それではまたー!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。