天使と悪魔(映画)のネタバレや解説!評価や感想についても調査!

この記事は5分で読めます

149816_01

今回は、今夜地上波で放送される映画

天使と悪魔

・ネタバレ

・解説

・評価や感想

について調べて書いて

いこうと思います!

 

新しい映画「インフェルノ」の公開記念と

して、昨日はダヴィンチコード、そして

今夜は天使と悪魔がテレビで放送され

ますね。

 

天使と悪魔も、ダヴィンチコードと同様に

内容は結構難しいのですが多くの人が

楽しみにしているでしょう!

 

それでは早速調べて書いていきましょー!

 

 

Sponsored Link

 

 

天使と悪魔(映画)の解説とネタバレ

 

 

 

天使と悪魔は、2009年に世界各地で

公開されたアメリカの映画ですね。

 

149816_01

 

監督もスタッフもキャストも

ダヴィンチコードと同じメンバーで

挑んだ作品となっております。

 

ダヴィンチコードの原作と映画の両方を

見たことがある人はわかるかと思いますが、

ダヴィンチコードは原作とほぼ同じ映画の

内容になっていました。

 

しかし、天使と悪魔は原作とはかなり

違う点がわんさかあると言われております。

 

私は映画に関しては、原作と同じ内容で

進めるよりもオリジナル感があった方が

好きです。

 

まあ原作のある映画は、原作と同じ内容

じゃないと嫌だ!という方もいるかも

しれないですが、、、w

 

原作と内容が結構違う天使と悪魔ですが、やはり

ダヴィンチコードシリーズなので内容は

かなり難しくネット上でも解説を求める声が

多いです。

 

また、映画を見てもイマイチわからないので

ネタバレと調べる方もかなりいます。

 

昨日のダヴィンチコードも見ましたが、

やはりめちゃくちゃ難しかったですねw

しかも2時間を超える映画なので、ケツが

痛くなったり集中力が切れたりと色々と

問題もありましたw

 

少し話がずれましたが、一応ここでも

天使と悪魔の解説とネタバレを書いて

いこうと思います。

 

ネタバレを軽く含んでしまいますので、

もしもネタバレを見たくない方はここを

飛ばすようにしておきましょう。

 

私が全て解説やネタバレを書くよりも、

ネット上にはもっとわかりやすく説明

されているので今回はそれをここに貼る

という形を取ろうかと思います。

 

天使と悪魔の内容(解説)お願いします!

一回見たのですが理解できませんでした

 

という質問に対する答えは

 

今回の騒動の発端は、「ローマ教皇の死去」でした。
一方、それと前後して、スイスで生成に成功した「反物質」が何者かに奪われます。
さて、バチカンでは、教皇が死去すると、
次期教皇を選出するための「コンクラーベ」という会議(?)が開かれるのですが、
それに出席するはずの枢機卿が4人、さらわれてしまいました。
そして、
かつて科学を旗印にし、結果、キリスト教会に弾圧された「イルミナティ」から
脅迫状が届く。
一定時間ごとに枢機卿を殺し、最期には、ローマで「反物質」を爆発させると。
(これは、科学の、宗教に対する復讐であると。)
枢機卿および反物質のありかを突き止めるため、
主人公・ラングドンが招聘される。
(反物質の研究者・ヴィットリアもね。)
調査を進めるうち、死んだ教皇は病死ではなく、
他殺の可能性が高いことなどがわかり、
また、枢機卿の居場所なども推理されはしたのだが、
あと一歩のところで間に合わず、誘拐された4人のうち3人までは命を落とす。
しかし、4人目は、なんとか助け出すことに成功。
あとは、反物質のありかをつきとめるだけ・・というところで、
ラングドンらは、一連の事件の「実行犯」に出くわす。
彼との会話から、教皇が死んだあと、次期教皇が選出されるまでの間、
一時的に全権を委任される「カメルレンゴ」の身が危ない・・・と
ラングドンらは思い込み、彼の元へ急ぐ。
彼のいる部屋へ飛び込むと、彼は、胸に焼印を押された姿で、
バチカンの衛兵隊長・リヒターに銃を向けられていた。
彼は叫ぶ、「こいつがイルミナティだ!」と。
その結果、リヒターは射殺される。
反物質は、この建物の中にあるはずということで、ついにありかを突き止めるが、
しかし、もう、爆発を食い止めている時間はない。
そのとき、カメルレンゴが反物質を持って外へ飛び出す。
待機していたヘリコプターに乗り込み(彼は、兵役時代にヘリ部隊にいたことが、
前もって語られている。うまい伏線)、
ローマの上空彼方へ飛び去る。
そこで反物質が爆発。
上空での爆発だったため、ローマに大きな被害は出ないで済んだ。
また、カメルレンゴも、パラシュートで脱出して無事。
彼の英雄的行為に、人々から、彼を次期教皇に望む声が高まる。
コンクラーベも、その声に応えんとし、めでたしめでたし・・・のはずだったが、
ここでどんでん返し。
事件の真犯人は、そのカメルレンゴだったのである。
物語冒頭で殺された、反物質研究者の日記が手がかりとなり、
それが判明したのだ。
実は、その科学者は、宗教を揺るがしかねない反物質研究について、
生前の教皇に相談していたのである。
「現代の」宗教的指導者としては、「ありのままに発表しなさい」と、
理解のあるところを見せたのだが、
「宗教至上主義」(科学よりも宗教が上と考える)カメルレンゴには、
それが我慢できなかった。
だから、教皇に接近できるのをいいことに彼を殺し、
また、一連の事件を「イルミナティの仕業」とすることで、
宗教(カトリック)が、再びイルミナティ(科学)を敵視し、弾圧する状況を
生み出そうと目論んだのである。
衛兵隊長・リヒターはそのことに気づき、彼を追い詰めたのだが、
その場面へたまたま飛び込んできたラングドンらにはそれがわからず、
その状況をカメルレンゴにうまく利用されてしまったのだった。
(「こいつがイルミナティだ!」と叫ぶことで、ラングドンらを騙したわけね。)
例の「実行犯」が言っていた、バチカンのもとにいる敵(だっけ?)は、
リヒターのことではなく、カメルレンゴ自身のことであったと。
しかし、今や真相はラングドンによって見破られた。
彼はバチカンの衛兵隊に追い詰められ、遂には焼身自殺を遂げたのであった・・・。
事件の解決後、誘拐された枢機卿のうち、唯一助かった人が教皇の座に就き、
人々の前に姿を現した。
その陰で、協会は、ラングドンの協力に感謝し、
冷ややかだった両者の関係は、極めて良好なものとなったのである。
ここでホントにおしまい、と。

 

と少し長く内容が難しいですが、

これはしょうがないですねw

難しい映画なので。

 

そして、これは解説ではなく完全なる

結末のネタバレです!

 

犯人はバチカン内部にいた!幹部中の幹部であった。そんな彼は、主人公達に追い詰められサンピエトロ大聖堂中央の天蓋の階段を降りたところで焼身自殺をする。事件も無事解決?したところでいよいよ民衆に新法王がお披露目された。

 

私も昔に天使と悪魔を映画で見ましたが、

やはり内容をまあまあ理解するのには

1回では無理ですね。

 

なので今夜放送される天使と悪魔は、

録画して何回か見て内容を理解することを

おすすめします!!

 

 

 

天使と悪魔の評価や感想

 

 

 

Sponsored Link

 

 

それでは最後に、天使と悪魔を映画で見た人は

どのような評価や感想を持ったのか

Twitterから調べてみましょう。

 

ダヴィンチコードも天使と悪魔も、内容が

難しい映画なので学生はあまり見ないかと

思いましたが以外と見ていることに

驚きましたw

 

 

 

やはり内容はかなり難しい映画の

ようですね。

ほとんどの方が、評価や感想に

難しいという声がありましたねw

 

それでは今回の記事は以上に

なります^^

今夜のテレビ放送を楽しみにして

おきましょう。

 

それではまたー!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1468224438_1_1_cd1fbe55862ec88b29d46398b2412ad0
  2. aliceinwonderlandL50310.article_x4
  3. davinci1
  4. 1428668246855
  5. aurora-maleficent-poster
  6. harrypotter
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。