さんスマ2016の打ち切りの理由は?代わりの番組についても!

この記事は3分で読めます

今回は、毎年恒例の人気番組さんスマ2016

・打ち切り理由

・代わりの番組

について調べて書いていこうと

思います。

 

さんスマはもう放送開始してから20年以上

たつので、「年末と言ったらさんスマ!」という

方も多かったかと思います。

 

スマップとさんまさんのトーク番組ですが、

内容もプライベートや恋愛と非常に面白かった

ですからね、、、。

2016年で打ち切りになってしまうのはかなり

悲しいですね、、。

それでは早速書いていきましょう!

 

 

Sponsored Link

 

さんスマ2016の打ち切りの理由

 

今回打ち切りが決定したさんスマ2016ですが、

1番最初に放送されたのは1995年です。

 

それ以降は毎年必ず放送されていますし、

すごいのは視聴率が毎回20パーセント近くも

あるということですね。

 

一応最近のさんスマの視聴率を見てみましょう。

 

・第17回 2011年12月25日 視聴率 21パーセント

・第18回 2012年12月23日 視聴率 13.7パーセント

・第19回 2013年12月24日 視聴率 18パーセント

・第20回 2014年12月23日 視聴率 17.3パーセント

・第21回 2015年12月22日 視聴率 15.4パーセント

というのが最近のさんスマの視聴率です。

 

2012年以降は20パーセントを下回っていますが、

それでも20パーに近い数字を毎年叩き出しているので

人気具合がわかるかと思います。

 

さらに、さんスマにゲストとして出演した

芸能人の数はもう数え切れないぐらい

いますからね。

 

最近話題のりゅうちぇるやぺこさんも去年に

出演されております。

 

気になるさんスマ2016年以降の打ち切りの

理由ですが、これはもうスマップが2016年内に

解散をするからと見て間違いないでしょう。

 

ただ、さんスマ側もスマップに何回もオファーをし、

スマップリーダー中居正広さんも何回も交渉をした

そうですが、結局は叶わなかったそうです。

 

2016年の紅白歌合戦にもスマップの出演はまだ

決まっておらず、もう全員揃ってみることは

ないかと思うと悲しい年越しになってしまい

そうですね。

(一応スマスマはありますが)

 

年越しは明るくするのが普通かと思いますが、

今年はその時にスマップが解散してしますので

ファンからすると涙の年越しになってしまうかも

しれないですね。

 

でもまあこんなに毎日のようにニュースになり、

スマップ存続のために多くのファンが動いている

ことを考えると、スマップはかなり国民に愛されている

グループなんでしょうね。

 

よく「人に与えた分だけ返ってくる」と言いますが、

言葉通りスマップから私たちは多くのものを与えて

もらいましたからね〜。

解散は本当に悲しいですね!

 

さんスマの代わりの番組は?

 

 

Sponsored Link

 

話がずれまくってしまいましたが、

さんスマ2016が打ち切りで放送がされない

となると、代わりに放送される番組が気になりますね。

 

さんスマを放送していたテレビ局は日本テレビ

ですが、現段階では代わりの番組がなんなのかは

調べてもわかりませんでしたm(_ _)m

 

今後これは分かり次第すぐに追加で書くので、

チェックをお願いします。

 

まあ年末ですし何かの特番が放送はされるかと

思いますが、20年間以上放送してきた番組ではない

ものとなると局側も違和感があるかもしれないですねw

 

スマップの今後は

・紅白に出場ができるのか

・スマスマの最終回で全員が揃うのか

という点が注目されるかと思います。

 

ネット上ではこれは「1つの時代の終わり」

とかっこいい言われ方をされていますが、

まさにこの通りだと思います。

 

これまで日本のバラエティ番組もドラマも

引っ張ってきたのは、間違い無くスマップだと

思います。

 

そのスマップが解散んで1つの時代が終わり、

これからの新時代を引っ張っていくのは「誰」

もしくは「どのグループ」なのかも注目ですね!

 

ちょっと最後は漫画の臭いような文になって

しまいましたが、今回はここらへんで終わろうかと

思います!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

それではまたー!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。