愛を乞う人の陳照恵の子供時代を演じる子役は誰?視聴率についても

この記事は3分で読めます

今回は、1月11日に放送される愛を乞う人

・陳照恵の子供時代を演じる子役

・視聴率

について調べて書いていこうかと思います。

 

愛を乞う人は、下田治美さんによる小説

1998年には映画化もされていますし有名な物語かも

しれないですね。

 

愛を乞う人が映画化された時は、確か10ぐらいの

賞を受賞されていたそうなので、ドラマも結構な

注目が集まっていますね。

 

しかも主演を演じるのは篠原涼子さんで、なんと

7年半ぶりのスペシャルドラマだそうなので

篠原涼子さんの演技力にも私は期待をしています。

 

愛を乞う人では、篠原涼子さんが1人で2役演じる

そうですが、アンフェアで演技力があることは

知っているので問題はないかと思います!

 

それでは前置きはこれぐらいにして、さっそく

調べて書いていこうと思います。

 

Sponsored Link

愛を乞う人のあらすじ

 

それではまずは、愛を乞う人のあらすじから

調べていこうと思います。

 

以下あらすじです。

 

山岡照恵は早くに夫を亡くし、娘の深草と暮らすシングルマザー。照恵は、生き別れた弟との再会をきっかけに、母・豊子から虐げられた凄惨な幼少時代を深草に語り始める。さらに、すべての真実を求め、亡き父の故郷、台湾へ…そして、母・豊子に会うことを決意する。

 

というあらすじです。

 

予告動画を見たのですが、篠原涼子さんが虐待

するシーンの迫力にはかなりびっくりしましたねw

叩いたり髪の毛ひっぱったり水をぶっかけたり、、、。

 

多分愛を乞う人を見た後は、篠原涼子さんに対して

恐怖感が芽生えてしまう方も1人ぐらいいるかと

思います、、、w

 

まあそれぐらい篠原涼子さんの演技が上手だと

いうことだと思いますが。

 

愛を乞う人の陳照恵の子供時代を演じる子役

 

Sponsored Link

さて、篠原涼子さん演じる陣照恵さんが子供

時代に母親(これまた篠原涼子さん)に虐待されるのですが、

この時に子供時代を演じている子役が可愛いと話題になって

おります。

 

少し前の子役といえば、「芦田愛菜」「鈴木福」の2強

だったのですが、今の時代はかなり多くなってきて

いますからね。

 

ドラマでは必ず子役が出演するようにもなって

いますからね。

 

さらに、子役は主演級並みに注目されるので今回の

子役も間違いなく注目されるかと思います。

 

この間放送された大河ドラマの「おんな城主 直虎」

出演した子役3人には、大絶賛の声がネット上で多かった

ですからね!

 

少し話がずれましたが、陳照恵の子供時代を演じる

子役は鈴木梨央ちゃんだそうです!

 

9515eca3

 

鈴木梨央ちゃんは現在11歳で、ジョビィキッズプロダクション

という事務所に所属をされております。

 

鈴木梨央ちゃんはこれまでに多くのドラマや

映画に出演をしているので、有名な子役かも

しれません。

 

今年の3月に公開される映画、「PとJK」

土屋太鳳さんの幼少時代を演じることが

決定しているそうです。

 

子役は人数が増えてきていて、今は結構激戦の

ようなので大人になるまで勝ち残るのは結構

厳しいようです。

 

まあ1つのドラマに出演できる子役の人数は

少ないので、人数が増えてきたら激戦になるのは

当たり前ですね。

 

今は子役が激戦ですが、少し前は「ハーフ」

激戦とされていましたよねw

 

鈴木梨央ちゃんの詳しいプロフィールをもっと

知りたい方は、下からどうぞ!

鈴木梨央の姉や小学校を調査!

 

愛を乞う人の視聴率

 

それでは最後に、愛を乞う人の視聴率を調べて

みようかと思います。

 

ただ、この記事を書いている段階ではまだ放送が

終わっていないのでわかりませんので、今はどれぐらい

視聴率がいくか予想をして見ようかと思います。

 

愛を乞う人は、最初にも書きましたが過去に映画化

された時は多くの賞を受賞された有名な物語です

からね。

 

さらに、愛を乞う人は文部科学省選定ドラマなので、

結構注目度は高いかと思います。

主演も篠原涼子さんですしね。

 

なので愛を乞う人の視聴率は11パーセントぐらいは

いくのではないかと思います。

 

今の時代はテレビ離れが結構進んでいるので、視聴率が

二桁いけば合格ラインと言われているので11パー

いったらじゅうぶんかと思います^^

 

愛を乞う人は、1月11日夜9時から日テレで放送

されるので楽しみにまっておきましょう。

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。