私立高校無償化のメリットデメリット!神奈川県や埼玉県もなる?

この記事は3分で読めます

今回は、今話題になっている私立高校無償化

・メリットデメリット

・神奈川県や埼玉県もなるのか

ということについて調べて書いていこうと思います。

 

日本では日々色々なニュースが話題となりますが、

昨日や今日で1番の話題といえば何と言っても

都内私立高校の無償化ではないでしょうか。

 

高校には公立高校と私立高校の2種類がありますが、

少し前に公立高校は授業料が無料になるというのが

行われましたよね。

 

やはり私立高校は公立高校にはない設備が充実

しているので、そういった意味でもかかるお金は

高くなってしまいますよね。

 

私も通った高校は私立で、学費もかなり高かったので

両親には本当に感謝しかありません。

少し話がずれましたが、さっそく書いていきましょう。

Sponsored Links

私立高校無償化とは

 

それではまずは、東京の私立校無償化がいったい

どのようなことなのか書いていきましょう。

 

既にニュースでも大きく取り上げられているので

ご存知の方も多いかと思いますが。

 

都内外の私立高校に通う都内在住の生徒の授業料について、世帯年収760万円未満の家庭を対象に実質的に無償化する方針を明らかにした。国の制度に加え、都独自の特別奨学金を拡充し、都内の私立高校の平均授業料に相当する年44万2千円を支給する。

 

こちらが今回のニュースの内容となります。

 

読めばわかるかと思いますが、都内の私立高校に

通うすべての生徒の授業料が免除されるという

わけではありません。

 

世帯年収が760万円以下の家庭に限り、年間の

授業料相当の44万円が支給されるという内容

です。

 

まあまだ完全に決定がしたわけではないので、

今後どうなるのか注目ですね。

 

私立校無償化のメリットデメリット

Sponsored Links

何かをすれば、当然メリットもあればデメリットも

出てくるのはわかるかと思います。

私立校無償化でも、メリットとデメリットが議論

されていますが、いったいどのようなものがあるの

でしょうか。

 

ネット上で言われているメリットですが

・いける高校が増えるので、進学率アップ

・家計の経済負担が軽減される

とうのが多くありました。

 

確かに、私立高校はお金がかなりかかるので

家庭の事情で通えない子供は進学することが

できませんでした。

 

しかし、私立校無償化であれば通える可能性が

高くなるとは思います。

 

さらに、最近増加しているシングルマザーの

子供も私立高校へ行ける可能性も出てくる

というメリットもあります。

 

逆にデメリットですが

・税金の無駄遣い

・高所得からの嫉妬

・私立高校の意味がなくなる

・離職者増加

などの意見が多くありました。

 

このデメリットも言われてみればそうですが、

当然支給されるお金は税金から支払われることに

なりますからね。

 

この私立校無償化の条件は、世帯年収760万円以下

の家庭なので、おそらく都内で共働きをしている

家庭は基本的に超えているような気がします。

 

私立校無償化を利用できるように、共働きを

やめる家庭も多く出てくるような気がします。

 

メリットデメリットを抜きにして、自分の子供が

無償化制度で私立高校に入学でき、良い環境で

勉強や部活ができるのであれば親としてはOK

ですからね。

 

なので、世帯年収を760万円以下にするために

仕事を辞める方も今後増加してくるのでは

ないでしょうか。

 

また、受験勉強を必死に頑張る学生の中には、親に

負担をかけさせたくないから頑張って公立に

行くという思いを持った子も多いかと思います。

 

それなのに私立校が無償化されたら、少し

受験勉強の熱も冷めてしまうような気もします。

 

今の段階ではまだどうなるかわかりませんが、

私立校無償化にはメリットよりもデメリットの

方が多くあるような気がします。

 

今後の小池知事の動きに注目をしておいた方が

良いですね。

 

私立校無償化は神奈川県や埼玉県もなる?

 

東京の私立高校が無償化されると聞いて、

自分の住んでいる県はならないの?と疑問に

思っている方も多いかと思います。

 

現にネット上では

私立校無償化 神奈川県

私立校無償化 大阪

などのキーワードで多く検索されております。

 

今の段階ではなんとも言えないのですが、

私立校無償化は東京都の小池知事が行って

いるので、神奈川県や埼玉県などの他の県では

ならないような気もします。

 

私立校無償化が成立して、デメリットもありますが

良い効果が見込めたら他の県でも導入される

可能性はあるかと思います。

 

私立校無償化問題に期待をする人反対をする人

大きく分かれるかと思いますが、今後の動きに

注目しておきましょう。

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 名無しさん
    • 2017年 4月24日

    私立高校無償化は悪手としか言いようがない。
    年収で線引きするのも差別が生まれるし、一度無料化したら撤回したくてもそう簡単に撤回できなくなる。
    恒久的に財源出したりするのに反対な納税者もいるに違いない。
    選挙を狙ったその場しのぎの政策としか評価しようがない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。