サッカーオフサイド廃止はいつから?理由やみんなの反応も!

この記事は3分で読めます

サッカーのオフサイド廃止ニュースがあったので

・オフサイド廃止はいつからか

・理由

・みんなの反応

について調べて書いていこうと思います。

 

アメリカの大統領がトランプさんに決まり

ましたが、世界各国でまだまだたくさんの

問題がありますねm(_ _)m

 

過去最低支持率にも全く気にすることなく

トランプさんは次々と行動をしてますがw

 

トランプさんは色々な政策がありますが、

それはスポーツ界にも大きな影響が出て

きそうだと言われております。

 

とくに2026年のワールドカップの出場枠が

32チームから48チームに拡大されたり、

オフサイド廃止疑惑がでたり。

 

今回はそのオフサイド廃止について書いて

いこうと思います。

Sponsored Links

オフサイド廃止の理由

 

そもそもなぜオフサイド廃止という案が

出てきたのかを振り返ってみましょう。

 

オフサイド廃止は、トランプさんが自ら

考えたのではなく、元オランダ代表選手である

マルコ・ファンバステンさんが打ち出したもの

です。

 

マルコ・ファンバステンさんは現在52歳で、

FIFAの技術部門の責任者の方ですね。

サッカーに詳しい方は誰もがご存知かと。

 

マルコ・ファンバステンさんが

オフサイド廃止案を出した理由なんですが、

 

ゴール機会を増やしてプレーをスペクタクルなものとすること

 

だと言われております。

 

確かにサッカーの試合はバスケや野球、

バレーボールなどに比べると極端に

点数が入らないですよね。

 

初心者はやはりたくさん点数が入った方が

見ていて楽しいと思うので、この案は別に

悪くはないかと思います。

(観客や素人からすれば)

 

サッカーの試合を素人の方が観戦に行ったら、

おそらくオフサイドを知らないと思うので

このような方からすればなくなった方が

試合をわかりやすく見る事ができるのでは

ないでしょうか?

 

オフサイドをわかりやすく説明した画像が

あるので一応貼っておきますね^^

 

d1b12943ec9bc5dfcf93eb2862af5b5c

 

実際私も体育のサッカーのときには、何度も

オフサイドになって少し嫌になったのも

覚えておりますw

 

オフサイド廃止はいつからか

Sponsored Links

ニュースによると、オフサイド廃止は

アメリカ人が好みそうなルールだと言われ、

米国第一主義を掲げているトランプさんに

ピッタリだと言われております。

 

ちなみに、オフサイド廃止の他にも

・シュートアウト導入

・クオータ制

などの新ルールの声もあがっております。

 

今の段階ではまだ案が出ているだけで決定

したわけではないので、オフサイド廃止が

いつから始まるのかは不明ですが、

トランプさんの人柄を考えると

決定しそうですよね。

 

そうなってくると、2026年のワールドカップ

の時にはオフサイド廃止になっているかと

思いますがどうでしょうか、、、。

 

新聞でも大きく取り上げられていますし、

今後の動きに注目ですね!

 

オフサイド廃止へのみんなの反応

 

さて、そんなオフサイド廃止について

サッカーをやっている方はどのように

思っているのでしょうか。

 

賛成の方も反対の方もいるかと思い

ますが、みんなの反応を調べてみよう

かと思います。

 

アーセン・ヴェンゲル監督(アーセナル)は

オフサイド廃止について、

 

「オフサイドをなくすというのはあまり興味深いとは思えない案だ。オフサイドにより、チームは一体となって良いプレーをすることができる。タイトでコンパクトすぎると言う者もいるが、サッカーはいつもそういうものだった。守備陣は攻撃陣に対して問題を生み出し、攻撃陣は解決策を見つけ出すものだ」

 

とコメントをしております。

さらに、他の監督の方もオフサイド廃止

に対しては良い反応をしてはいない

そうです。

 

やはりオフサイド廃止は素人からすれば

良いかもしれないですが、今サッカーを

やっている方からすれば反対派が多いような

気がしますね。

 

それでは次に、オフサイド廃止に対して

Twitterでの反応を見てみましょう。

 

 

 

Twitterでは、圧倒的にオフサイド廃止に

反対の声が多かったですねw

 

やはりサッカーをやっている方からすれば、

廃止となるとサッカーがかなり変わってしまう

のでしょうね、、、。

 

今の段階ではどうなるかわからないですが、

私たちにはどうすることもできないので

今後の動きに注目をしておきましょう。

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。