ガクトの元愛人A子って誰?名前(本名)や破局理由についても!

この記事は2分で読めます

今回は、タレントとして活動してるガクトさんの

・元愛人A子って誰か(名前)

・破局理由

について調べて書いていこうと思います。

 

さきほどネットのニュースを見ていたら、

ガクトさんの元愛人のA子が大変なことに

なったというニュースが舞い込んできました。

 

現在43歳のガクトさんですが、今まで

目立ったスキャンダルとかはなかっただけに、

結構注目されております。

それではさっそく調べて書いていきましょう!

[関連記事]

桐谷健太の結婚した嫁や子供について

松下奈緒の結婚できない理由が話題に!?

伊藤英明の子育てエピソードがスゴイ!?

Sponsored Links

ガクトのプロフィール

それではまずはガクトさんの簡単なプロフィール

から調べてみましょう!

まあかなり有名人なので、ご存知かと思いますが。

 

Gackt-Kawaii-gackt-21615686-1024-7681

 

・ガクト

・生年月日 1973年7月4日

・出身 沖縄県

・身長 180センチ

・血液型 A型

です!

 

日本でもトップクラスに有名なガクトさん

ですが、自分にはかなり厳しいのは有名

ですよね。

 

まだ今の自分には満足していないので、さらに

上を目指しているそうです。

 

ここらへんは私達も見習いたいところですよね。

現状維持で満足している方もいますが、実は

現状維持では成長していないということに

なりますからね。

やはり人生は成長してなんぼですね^^

 

 

ガクトの元愛人A子って誰?名前や本名を調査

 

それではまずは、今回のニュースを1度

振り返ってみようと思います。

 

人気ミュージシャン・GACKT(43)の元愛人A子さん(26)が、今年の元旦に、首吊り自殺をはかったことが「週刊文春」の取材で分かった。A子さんは昨年まで芸能プロダクションに所属するグラビアアイドルだった。

 2011年秋にGACKTが東日本大震災の被災地を慰問したことをきっかけに、二人は知り合った。被災地出身のA子さんは当時21歳。最初のデートは2012年11月で、愛人関係は3年に及んだ。

 

このニュースによると、元愛人のA子さんは

昨年まで芸能事務所に所属をし、グラビアの

活動をしていたそうですね。

 

昨年まで所属ということは、現在は活動を

行っていないかと思います。

 

ガクトさんの元愛人A子が誰なのか、ネット上では

話題になっていますが今の段階ではまだ

判明していませんでした。

 

現段階で元愛人のA子さんについてわかる事を

まとめると

・26歳

・元グラビア

ぐらいですかね。

 

ガクトさんには結構元彼女がいますが、この条件に

当てはまる方は今のところいないのでますます

気になってきますねm(_ _)m

 

おそらくしばらくしたら元愛人A子が誰なのか

判明すると思うので、今後の動きに注目を

しておきましょう。

 

そもそも愛人ということは、ガクトさんにも

A子さんにも「本命の恋人」がいることが

想像できますね。

 

芸能人の方は一般人の方と違って出会いの数は

かなり多いので、愛人だったり浮気への確率も

多くなってしまうんでしょうね。

 

ガクトと元愛人A子の破局理由

Sponsored Links

さきほどのニュースを見ると、2人は

2011年の東日本大震災の被災地を訪問を

きっかけに交際に発展したそうですね。

 

私はガクトさんと元愛人A子さんの破局理由が

気になったのですが、ニュースにしっかりと

書いてありましたねw

 

どうやら元愛人A子さんが、ガクトさんのマネージメント

会社の社長であるH氏さんとの浮気が原因の

ようですね。

 

ここでまた新たな名前のH氏が登場して

きましたが、まだ誰なのかはっきりとしては

いません。

 

こちらについても今後分かり次第追加で

書いていきますね。

 

日本では同じニュースを何度も何度も流したり

議論したりするので、判明するの時間の問題

かと思います。

 

さらに、2月2日に発売される週刊文春では

ガクトさんと元愛人A子さんとの愛人関係の

実態が記載されているそうなので、読んでみると

良いかもしれないですね!

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。