世界らん展2017の開催期間はいつまで?混雑や駐車場についても!

この記事は3分で読めます

世界最大のらんの展示会である、世界らん展2017

・開催期間はいつまでか

・混雑

・駐車場

について調べて書いていこうと思います。

 

「らん」と聞いておそらく今の若い子たちは

ピンと来ないかもしれないですが、大人では

結構興味のある方が多いのではないかと思います。

 

後ほど詳しく書きますが、前回開催された時にも

かなりの数のお客さんが訪れたと言われているので、

おそらく2017年の世界らん展も多くの人で賑わうかと

思います^^

 

それでは前置きはこのぐらいにして

さっそく調べて書いていきましょう!

Sponsored Links

世界らん展とは??

 

 

それではまずは、世界らん展とはいったい

どのようなイベントなのか調べていこうと

思います。

 

世界らん展とは、名前に世界が入っているので

予想がつくかもですが洋ラン東洋ラン日本のラン

と言った様々なランが会場に集まり見る事が

できるイベントです^^

 

さらに、宝塚歌劇団や多くの著名人の方の作品

展示されるそうなので、非常に見応えのある展覧会

かと思います。

 

「でも、らんの展覧会なんて行く人いるの??」

と興味のない方ならば思うかもしれないですが、

前回開催された世界らん展にはなんと、

延べ14万人近くの方が訪れたと言われております。

 

14万人近くですよ??

ディズニーランドとかUSJとかもほぼ毎日混雑を

していますが、それらの比ではないことがわかる

かと思います。

 

世界らん展2017バージョンは、前回よりも色々と

グレードアップしていると思うので更に多くの

お客さんが訪れるかと思うので、かなり盛り上がる

でしょうね^^

 

世界らん展2017の開催期間はいつまで??

Sponsored Links

さて、そんな世界らん展2017ですが

期間限定のイベントのためいつまでも

やっているわけではありません。

 

15万人近くの方が訪れたイベントならば、

期間限定ではなくてどこかでずっと開催して

いてもいいとも思いますがw

 

世界らん展2017に行った日が、期間外だったら

笑えないですしめんどくさいことになるので

しっかりと開催期間は覚えておきましょう!

 

世界らん展2017の開催期間は

2017年2月11日〜2017年2月17日

となっております。

(午前9時半〜午後5時半まで)

 

私はてっきり2月いっぱいは開催されていると

思ったのですが、まさかの7日ぐらいしか

開催されていないとは驚きですw

 

しかも、11日と12日以外は全て平日なので

結構スケジュールを合わせるのが大変なような

気がしますねm(_ _)m

 

世界らん展2017の駐車場について

 

そんな世界らん展2017に車で行きたいと

思う方も多いかと思います。

私は電車が嫌いなので、基本的にどこ行くにしろ

車でいきますねw

 

そんな時に気になるのはやはり駐車場問題かと

思います。

世界らん展2017の会場は皆さんご存知の

東京ドームで開催されます。

 

調べてみた結果ですが、世界らん展2017専用の

駐車場はないようなので、有料の東京ドームの

駐車場を利用するか、近隣の駐車場を利用するしか

ないそうです。

(バイクも同じ)

 

まあでも東京ドームは

・総武線 水道橋駅から徒歩2分

・丸の内線・南北線 後楽園駅徒歩5分

と駅から超近い場所にあるので、可能ならば

電車の方が良いかもしれないですね!

 

世界らん展2017の混雑

 

 

それでは最後に、世界らん展2017の混雑予想を

しておこうかと思います。

やはりどのぐらい混雑しているのかは気になる

ポイントですからね〜。

 

結論から言いますと、前回開催された時と同様に

多くのお客さんが訪れると思うので混雑はする

かと思います。

 

とくに、2月11日と12日の土日は開催期間の中でも

1番混雑する事が予想されるので、避けたい場合は

厳しいかもですが平日に行きたいですね。

 

まあでもこのようなイベントとかは世界らん展に

限らずに、なんでも混雑してしまうので

「しょうがない!!」と割り切ってしまった方が

良いかもしれないですね。

 

世界らん展2017は開催期間が驚くほど短いイベント

ですが、その分見ごたえもスゴイと思うのでぜひ

行ってみてはどうでしょうか??

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。