カナブーンの今後の活動は?飯田祐馬は清水富美加との不倫で脱退?

この記事は3分で読めます

カナブーンの飯田祐馬さんと清水富美加さんが

過去に不倫をしていた事が明らかになりました。

なので今回は、

・カナブーンの今後の活動はどうなるのか

・飯田祐馬は清水富美加との不倫で脱退か

 

ということについて調べて書いていこうと

思います!

 

清水富美加さんは、前にバンドマンと

不倫関係にあったと言っていましたが、

人物まではこれまでに明らかになっては

いなかったですね。

 

ですが本日、過去に不倫をしていた相手は

カナブーンでベーシストを担当している

飯田祐馬さんということが判明しました。

 

飯田祐馬さんは、清水富美加さんが突然

芸能界を引退して出家する原因の1つに

自分があるのでは?と思い、過去に不倫を

していたことを事務所に話したそうです。

 

バンドマンと元芸能人の2人が、いったい

どのようにして出会い、なぜ破局したのかは

こちらの記事からどうぞ☆

→飯田祐馬と清水富美加の破局理由や出会いについて

 

それでは前置きはこのぐらいにして

さっそく調べて書いていきましょう!

Sponsored Links

カナブーンとは?

 

それではまずは、カナブーンとはいったい

どのようなバンドなのか調べてみましょう。

私は知っていましたが、今回のニュースで

初めて知る人は多いのではないでしょうか?

 

カナブーンは、高校の同級生の4人組で結成

されたロックバンドグループで、

メンバーは

谷口鮪:Vo/Gt
古賀隼斗:Gt/Cho
飯田祐馬:Ba/Cho
小泉貴裕:Dr

です^^

 

 

飯田祐馬さんはベーシストとして活躍を

されておりました。

 

なんとなくみんな髪型が似ているので

兄弟??って思ってしまいますねw

 

カナブーンというバンド名の由来ですが、

インターネットスラングの「ブーン」という

言葉をメンバーが気に入っていたことから

カナブーンになったそうです。

 

まさに高校生がノリでつけそうなバンドの

名前ですねw

 

カナブーンは結成してから2012年の

音楽オーディションでグランプリを獲得して

一気に有名になりましたね☆

 

現在ではシングルは約10枚、アルバムは

3枚ぐらいリリースされております。

 

カナブーンの今後の活動は?

Sponsored Links

さて、そんな若者に人気のあるカナブーン

ですが、飯田祐馬さんの不倫によって

今後の活動がどうなるのか注目されています。

 

同じく不倫が報道されたゲスの極みの

川谷さんは、活動を休止という形になって

しまったのでファンとしては余計に気になる

かと思います。

 

ニュースによれば今後の活動に関してはまだ

発表されていないですが、活動が休止される

ということはないように感じます。

 

カナブーンはメンバー全員がまだ26歳前後と

若いので、今後さらに有名になっていくバンド

だと思うので、ここで活動休止となったら大きな

ダメージとなってしまいますからね。

 

現段階ではまだ未定ですが、活動休止にも

解散にもならないように祈っていましょう☆

 

飯田祐馬は清水富美加との不倫で脱退?

 

 

飯田祐馬さんは、清水富美加さんとの不倫を

事務所に告白する時には

「どんな処分でも受け入れる」

という覚悟だったそうです。

 

カナブーン全体には処分はないですが、

もしかすると飯田祐馬さん個人には何らかの

処分があるかもしれないですね。

 

ただでさえ日本は不倫に関して超厳しい

ので、今回の告白は自身にとってはかなり

マイナスなイメージになってしまったかと

思います。

 

ただ、ネット上ではゲスの極みの川谷と

同じだ!

 

と言われていますが、川谷さんは不倫が

報道されてから既婚者であることを話し

ましたが、飯田祐馬さんは報道される前に

既婚者であることを明かして関係を終わらせて

います。

 

不倫をしていた事実には変わりはないですが、

自ら既婚者だと話して関係を終わらせたので

軽い処分で済んで欲しいですね。

 

カナブーンはTwitterのフォロワーも30万人を

超えている超人気バンドなので、これからも

活動をしていって欲しいですね。

 

今後カナブーンに、もしくは飯田祐馬さんに

何らかの処分が出るとは思うので分かり次第

追加で書いておきますね☆

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。