奪い愛、冬に続編の可能性はある?後番組や最終回の視聴率も調査!

この記事は3分で読めます

大人気ドラマの奪い愛、冬最終回を迎えるので

・続編の可能性はあるのか

・後番組

・最終回の視聴率

について調べて書いていこうと思います。

 

奪い愛、冬は放送時間が決して良い時間

とはいえないのですが、放送されると毎回

Twitterでトレンド入りするぐらいの人気が

あります。

 

遅い時間でかなりの人気があるので、

普通にゴールデンタイムに放送してたら

もっと視聴率があったのでは?と思って

しまいます。

 

まあ内容が内容なのであまりゴールデンタイム

での放送は厳しいかもですがw

 

そんな大人気番組である奪い愛、冬も

3月3日で最終回を迎えてしまいます。

 

普通連続ドラマは10話ぐらいで終わる

のですが、奪い愛、冬は7話とかなり

短いです。

 

そういったこともあって、結構悲しむ

方もいるかと思いますがさっそく

調べて書いていきましょう!

[関連人気記事]

倉科カナの彼氏は意外なあの俳優だった!?

倉科カナのコートやバッグのブランドは?

Sponsored Links

奪い愛、冬に続編はある?

 

さて、第7話で最終回を迎えるとなると

気になるのは続編の可能性ですよね。

 

どのような結末が最終回の最後にまって

いるかわからないですが、ひとまずは

あらすじを見てみましょう。

(最終回の)

 

衝撃の最終回!光(倉科カナ)は、婚約者だった康太(三浦翔平)と別れ、妻・蘭(水野美紀)から奪い返した元カレ・信(大谷亮平)と一緒になる道を選ぶ。だが、信の余命はあとわずか…。さらに、蘭の足のケガに関する重大な秘密が明らかになり、それを知った信は、蘭とともに光の前から去ってしまう!そんな中、康太は「来なかったら死ぬ」と光を呼び出し…!?奪われたら、奪い返せ!最後に待ち受ける衝撃の大どんでん返しとは!?

 

どうでしょうか?

毎話毎話ドキドキハラハラする展開

ですが、最終回はこれまで以上に

なりそうなあらすじですね☆

 

奪い愛、冬の続編については今のところ

何も発表がないですが可能性としては

そこまで高くはないかと思いますm(_ _)m

 

まあ最終回の最後に

「続編決定!!」のようなサプライズがある

かもしれないですが、現段階での私の予想

ではないかと思います。

 

奪い愛、冬の後番組は?

Sponsored Links

続編の可能性が低いとなると、後番組

にも注目が集まってきていますよね。

 

普通ドラマが最終回に近づくにつれて

少しずつ後番組の予告が流れますが、

今回はまだないかと思います。

(私の知る限り)

 

一応ヤフーのテレビ欄で来週の奪い愛、冬

が放送されていた時間に何が放送されるのか

調べてみたら、

 

余計なお世話かもしれませんが

 

という番組が放送されるようです。

 

現時点ではどのような番組なのかも

誰が出演するのか不明ですw

 

ただ、後番組は決定していることは

わかったので奪い愛、冬の続編の可能性は

かなり下がったかと思います。

 

奪い愛、冬の最終回の視聴率

 

3月3日に放送される奪い愛、冬の

最終回ですが、視聴率がどのぐらい

いくのか気になりますね。

 

一応これまでの視聴率を書いておきます☆

 

・初回 6.6%

・第二話 5.1%

・第三話 5.8%

・第四話 6.5%

・第五話 6.1%

・第六話 7.1%

・最終回

 

となっています☆

 

なんと深夜に放送されている奪い愛、冬が

月9よりも視聴率が上のことに驚き

ですねw

 

この記事を書いている今はまだ最終回が

放送されていないでの、視聴率は不明です。

 

なので、今は最終回の視聴率がどのぐらい

いくのか予想をしていこうと思います。

 

ヤフーテレビ欄で奪い愛、冬の最終回を

「見たい」人の数は3000人を余裕で超えて

います。

 

さらに、最終回の前の回の視聴率が高い

ことを考えると最終回は8%とか9%ぐらい

まで上がるのではないでしょうか??

 

まあいけるならば深夜ドラマで視聴率

二桁という記録を久しぶりに作って

欲しいですね!

 

今の段階で続編が決まっていなくても、

最終回でかなりの盛り上がりを見せたら

制作側も続編に動き出すかもしれない

ですね!

最終回の放送を楽しみに待っておきましょう。

[関連人気記事]

倉科カナの彼氏は意外なあの俳優だった!?

倉科カナのコートやバッグのブランドは?

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。