安田尚憲(履正社)の韓国人説はマジ?兄弟で阪神ファンだった?

この記事は3分で読めます

今回は、履正社高校安田尚憲選手の

・韓国人説はマジ?

・兄弟で阪神ファン

について調べて書いていこうと思います。

 

ついに本日の2017年3月19日から

第89回選抜高校野球が開幕しますね!

今回はいったいどのようなドラマが待って

いるのでしょうか。

 

まだ開幕はしていないのですが、既に

選手以外でもニュースになるぐらい話題に

なっているスーパー小学生とかいるので、

今回の選抜は結構面白い事が起きそうな気が。笑

話題のスーパー小学生とは誰!?ネットで話題に!

 

今回の選抜高校野球のバッターでは、やはり

早稲田実業学校の清宮幸太郎選手が注目されて

いますが、西の強打者といえば間違いなく

安田尚憲選手でしょう!

 

それでは前置きはこのぐらいにして

さっそく調べて書いていきましょう!

[関連人気記事]

竹田祐の彼女や球種を調査!

大関秀太郎のドラフト先はあの名門!?

櫻井周斗のお父さんや進路について

清宮幸太郎の彼女の現在がやばすぎる!?

Sponsored Links

安田尚憲のプロフィール

 

それではまずは、安田尚憲選手の

プロフィールから☆

 

今回の選抜高校野球で超注目選手なので、

しっかりと覚えておきましょう!

 

 

・安田尚憲(やすだひさのり)

・生年月日 1999年4月15日

・出身 大阪府

・職業 高校生

・ポジション 内野手

・投打 右投左打

・所属 履正社高校

です!

 

去年の夏の甲子園を優勝し春の関東大会も

制した作新学院を抑えて、安田尚憲選手の

属する履正社高校は、1番の優勝候補

現在あげられています。

 

履正社高校は竹田祐選手を筆頭に投手

も安定していますし、打者陣も最高な

レベルです。

 

履正社高校の打者の中心にいるのは

安田尚憲選手ですが、去年の秋の大会

では9人中6人がホームランを打っている

ので素晴らしいかと。

 

そんな安田尚憲選手の1番の武器は

身長188センチ体重92キロという

高校生レベルを余裕で超えた体格でしょう!

 

さらに、この立派な体格でも50メートル走

は6秒6なので、もう反則ですね笑

 

安田尚憲選手は名門履正社高校では

1年生からベンチに入り、秋の大会からは

5番サードでスタメン出場をしているので、

経験値も高いかと☆

 

安田尚憲の韓国人説はマジ?

Sponsored Links

そんな安田尚憲選手ですがネット上には

韓国人説が浮上しているのですが、これは

本当でしょうか??

 

顔だけ見ても日本人と韓国人を見分ける

のは難しいので、韓国人であっても別に

驚きはしないですが。

 

調べてみた結果ですが、たしかに韓国人が

浮上してはいたんですが、証拠はなにも

ないので確率はかなり低いかと。

 

韓国人説が浮上したのも、大阪出身で

苗字が安田というのが理由のようなので、

これも曖昧ですね笑

 

ちなみにフィギュアスケート選手の

坂本花織選手にも韓国人説が浮上して

いるんですよね笑

坂本花織の韓国人説の真相は!?

 

これはもはや鉄板なことなんでしょか・・・笑

 

安田尚憲は兄弟で阪神ファン?

 

安田尚憲選手のお兄さんは三菱重工名古屋

という社会人チームで活躍している

安田亮太選手なんだとか。

 

 

兄弟でスゴイ野球選手なんですね〜。

ただ、素質としてはプロに内定してる

安田尚憲選手の方が上かな??

 

安田尚憲選手は、兄弟で阪神ファンだと

言われています。

 

まあ大阪府出身なのでその気持は

わかりますよね☆

 

すでに安田尚憲選手に対しては多くの

球団が獲得のために動き出しているとも

言われているので、大好きな阪神に入団

できたら嬉しいでしょうね!

 

安田尚憲選手属する履正社高校の初戦の

相手は、なんと早稲田実業学校を苦しめた

日大三高です。

 

初戦でこんな強豪同士が当たっていいの?

という感じがしますが、これはもう仕方が

ないでしょう。

 

日大三高は早稲田実業学校と良い勝負を

して、今勢いに乗っていますが頑張って

欲しいですね!

[関連人気記事]

竹田祐の彼女や球種を調査!

大関秀太郎のドラフト先はあの名門!?

櫻井周斗のお父さんや進路について

清宮幸太郎の彼女の現在がやばすぎる!?

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。