残酷な観客達(ドラマ)のあらすじや原作は?主題歌についても!

この記事は3分で読めます

5月から始まるドラマ残酷な観客達

あらすじ

原作

主題歌

について調べて書いていこうと思います!

 

残酷な観客達には今超人気のある

欅坂46のメンバーが総出演という、ファンに

とってはこれまたたまらない内容に

なっております!

 

後ほど紹介しますが、ドラマの内容も

かなり面白そうなのでこれは欅坂46に

興味が無い方も、純粋にドラマを楽しめる

かと思います。

 

まだデビューして2年ちょっとなんですが、

1つのアイドルグループだけでドラマが

できるなんて凄いですね・・・笑

 

私は今1番勢いのあるアイドルは

乃木坂かと思っていましたが、欅坂だった

みたいですねm(_ _)m

 

もうアイドルが多すぎてこんがらがって

くるわ!!笑

 

それでは前置きはこのぐらいにして

さっそく調べて書いていきましょう!

Sponsored Links

残酷な観客達(ドラマ)のあらすじや

 

それではまずは、残酷な観客達の

あらすじから!

 

華やかなイメージのあるアイドルが主演

するドラマなので、同じく華やかなドラマ

かと思いきや、ドラマのタイトルからして

思いっきり怖そうな感じが漂っているかと

思います笑

 

気になるあらすじですが、このような

内容になっております!!

 

近い未来…。プライバシー保護を優先するあまり、教師や生徒の名前すら開示されない学校生活を送る女子高の生徒たち。

そんな彼女たちが突然教室に閉じ込められてしまい、その様子がリアルタイムで全世界に配信されるという事態に陥る。

教室から脱出する方法はただ1つ。タブレット越しにリアルタイムで観ている観客達から、多くの「いいね!」を貰うこと…。

「いいね!」欲しさに閉じ込められている彼女たちの行動はエスカレート。混乱、裏切り…疑心暗鬼に苛まれる生徒たち。

「友達は大切。でも、ルールに従うことが、この教室ではもっと大切。」

ルールを破ったものに待ち受けているものとは?そもそも、なぜ彼女たちは教室に閉じ込められることになったのか!?

引用元:http://www.ntv.co.jp/kankyakutachi/

 

どうでしょうか??

ラブラブな恋愛系のドラマではなく、

ハラハラ・ドキドキするようなジャンル

なのがわかったかと思います!

 

何だか「いいね」とか「タブレット」とか

今の時代を存分に表現をしてるドラマ

ですね。

 

まあでも本当にこの先の未来に、

プライバシーだとか言って名前も

学校では名乗らないようになったら

ちょいとやばいですね・・・笑

 

実際学校の現場では昔と比べると今は

かなりプライバシーの扱いが厳しく

なっていると言われていますしね・・・。

 

昔は家でテストの採点とか当たり前

でしたが、今は生徒のものを持ち帰る

のも禁止になっていますからねm(_ _)m

 

残酷な観客達(ドラマ)の原作は?

Sponsored Links

そんな残酷な観客達には、原作となった

作品があるのでしょうか。

 

これは結果からいきなり書いてしまい

ますが、このドラマには原作となった

作品はありません!!

 

残酷な観客達の企画も原作も全て秋元康さん

が担当して、脚本は矢島弘一さんが担当した

ようです^^

 

原作がないのでもちろんネタバレも不可能

なので、ドラマを見る以外どのような結末

になるのかはわからないということに

なります。

 

個人的には原作の無いドラマのほうが

見ていてドキドキするので、無い方が

ありがたいですが!!

 

残酷な観客達(ドラマ)の主題歌は?

 

残酷な観客達の主題歌を担当するのは

間違いなく欅坂46でしょう!

 

また、主題歌に関しては既に発表があり

4月5日に発売された、4枚目のシングルの

不協和音に収録されているエキセントリック

だそうです!!

 

まさかの収録曲が主題歌になるとは

誰も予想ができないですね。笑

 

欅坂46が総出演する残酷な観客達の

放送日は、2017年5月18日0時59分〜

だそうです!!

 

毎週木曜日の夜中に放送という社会人に

とっては超厳しい時間ですが、これは

仕方がないでしょう。笑

 

放送までまだ日がありますが、楽しみに

しておきましょう!

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。