海人三郎のプロフィールや経歴・年収は?石垣のどこの場所にいる?

この記事は3分で読めます

今回は、生きる伝説と言われる海人三郎さんの

・プロフィールや経歴

・年収

・石垣のどこの場所にいるのか

について調べて書いていこうと思います!

 

後ほど詳しく書きますが、海人三郎さんは

素潜り漁をしている方の中ではマジで最強

なので生きる伝説という肩書がピッタリの

方です。

 

4月28日に放送される金曜プレミアム

では、素潜りの世界王者の方と対戦する

という企画に登場するのですが今から

とても楽しみですね!

 

それでは前置きはこのぐらいにして

さっそく調べて書いていきましょう!

Sponsored Links

海人三郎のプロフィールや経歴

 

それではまずは、海人三郎さんの

プロフィールからいきましょう☆

 

出典元:http://blog.livedoor.jp/shinobu4848/archives/51894…

 

・海人三郎

・生年月日 1956年

・出身 沖縄県

・職業 素潜り漁師

です!

 

海人三郎さんは過去に情熱大陸とかの

番組にも出演をした事があるそうですが、

そこまで情報は多くはありません。

 

ちなみに海人三郎という名前も本名では

なく、漁が上手い家の三男だったことから

そのような名前で呼ばれるようになりました!

 

本名は下地清栄(しもじせいえい)

といいます。

 

海人三郎さんがやっている素潜り漁は、

海に潜って自分の腕一本で魚を仕留める

ので、当然体力とか技術とかが必要に

なってきます。

 

その厳しい状況の中で、海人三郎さんは

過去に1日500キロもする魚を獲ったことが

あるそうです。笑

 

さらに、15年連続漁獲高ナンバーワンの記録

を持っているので、これはもう生きる伝説

という言葉がぴったり合うかと思います。

 

海人三郎さんはもう海が大好きなので、

「死ぬまで潜る」

と笑顔で常に言っているそうです☆

 

残念ながら海人三郎さんの学歴とかは

わからないですが、個人的な予想としては

中学卒業後はもう漁師として活動をして

いたのでは?と思います。

 

[追記]

学校は不明ですが、海人三郎さんは

中学卒業後に憧れていた漁師になった

とテレビで放送されていました

[ここまで]

 

海人三郎の年収は?

Sponsored Links

伝説の漁師と言われている海人三郎さんの

年収はだいたいどのぐらいなんでしょうか。

 

もちろん海人三郎さんの年収は公開されて

いないので、完全に私の予想になって

しまいますが。笑

 

一般的に言われている漁師の年収は

300万円ぐらいですが、芸能人とか

お笑い芸人と同じくピンきりです。

 

年収が300万円にも満たない漁師も

いれば1000万円ぐらい稼いでいる漁師も

います。

 

海人三郎さんは先程も書きましたが

15年連続漁獲高ナンバーワンの記録を

持っていて、500キロも獲った凄腕の

漁師です。

 

なので年収は1000万円ぐらいはいって

いるのでは?と思います。

 

海人三郎さんはマグロやハタ、タイなどの

仲間を狙って漁をしていて、獲った魚を売れば

結構な大金が入りますからね☆

 

年収1000万円ぐらいはいっていると

みて間違いはないでしょう。

 

むしろ海人三郎さんほどの漁師の方が

年収少なかったら他の漁師の方の年収は

もう悲しいレベルになってしまいますよね。笑

 

海人三郎は石垣のどこの場所にいる?

 

海人三郎さんに憧れて沖縄県の

石垣島に行く人もいるようですが、

石垣島のどこに行けば会えるのでしょうか。

 

神奈川県の横浜にいると言われても、

広いので探すのにはかなり苦労します

よね。笑

 

しかし、さすがに海人三郎さんが

石垣島のどこにいるのかという細かい

情報まではありませんでした。

 

石垣島といえど人口約5万人いて面積は

約229 km²もありますからねm(_ _)m

 

ただ、間違いなく石垣島で海人三郎さんは

有名だと思うので、島の人に聞けばすぐに

居場所を教えてくれるのではないでしょうか?

 

 

それからもう更新はしていないようですが、

このように海人三郎さんのTwitterの

アカウントもあります。笑

 

Twitter上で連絡を取るのも1つの作戦

かもしれないですね!

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。