ボク運命の人ですの手品師の鳩は平和のホロッホーの歌詞や意味は?

この記事は3分で読めます

今回は、ボク運命の人ですの第三話で歌われる

手品師の鳩は平和のホロッホーの歌詞や

意味を調べていこうと思います!

 

ボク運命の人ですは、亀梨和也さんと

山下智久さんが出演していることもある、

予想通り高視聴率を獲得していますね。

 

逃げ恥のパクリではないですが、かなり

似たボク運ダンスを披露するなどして

話題性も抜群でしょう。

 

個人的に今回の春クールのドラマは

小栗旬さん主演のクライシスの余裕勝ち

かと思っていたんですが、さすがは

亀梨和也さんと山下智久さんですね!

 

それでは前置きはこのぐらいにして

さっそく調べて書いていきましょう!

Sponsored Links

ボク運命の人です第三話のあらすじ

 

それではまずは、ボク運命の人です

第三話のあらすじから見ていきましょう。

以下あらすじです。

 

晴子(木村文乃)の同級生だった定岡(満島真之介)が恋のライバルとして現れ、誠(亀梨和也)は気が気ではない。謎の男(山下智久)によると、定岡は現在、人生最大のモテ期を迎えていて、誠が相当努力しなければ勝てる相手ではないという。
 そんな中、誠は、晴子、三恵(菜々緒)、定岡と食事をする。定岡はギターの弾き語りで自作の歌「手品師の鳩は平和のホロッホー」を歌い上げ、晴子を喜ばせる。定岡に点数を稼がれ、悔しがる誠。そんな彼に謎の男は、晴子の趣味に合わせてクラシックの名曲100曲と作者を覚えるようにアドバイスする。「それができたら幸せが訪れるはずだ」と謎の男に言われた誠は、曲を覚え始める。
 誠は大地(杉本哲太)から、自宅にウォーターサーバーを設置しようと考えているので商品の説明をしに来てほしいと頼まれる。しかし、いきなり自宅を訪ねたら晴子を驚かせるのではないかと誠は心配になる。しかし、前もって晴子に知らせておこうにも、誠は彼女の連絡先を知らなかった。謎の男は誠に、明日中に晴子に連絡先を渡さなければ帰ってきても家に入れないと言い出す。
翌日、誠は湖月家を訪ねる。誠が大地と善江(石野真子)に商品の説明をしていると、晴子が帰宅。そっけない態度の晴子に、誠は自分の連絡先を書いたメモを渡しそびれてしまう。
 そんな中、誠は定岡から「明日、晴子に告白しようと思っている」と急展開を聞かされ…。諦めぬ誠に、4月末日、音楽の力が引き起こす「誰にも起こるかもしれない」美しい奇跡が再び舞い降りる…!?

出典元:https://tv.yahoo.co.jp/program/29223008/

 

どうでしょうか?

あらすじを読んだ限りでは今回調べる

手品師の鳩は平和のホロッホー

という歌が結構キーになりそうな感じが

しますね。笑

 

予告動画を見た方ならわかるかと思い

ますが、ほんの一瞬だけ歌っている

シーンが写るのですが気づきました??

 

少し聞いた限りではあまりよく意味が

わからないような歌詞が印象的です。

 

手品師の鳩は平和のホロッホーの歌詞や意味は?

Sponsored Links

それでは次に

手品師の鳩は平和のホロッホーの

歌詞を調べていきましょう。

 

歌詞なんてわかるのか?と思うかも

ですが、今の時代は調べればある程度の

事はわかってしまいますので、答えは

イエスです!

以下歌詞です☆

 

ポッポッポッ涙の雨が
ポッポッポッ足元しめらす
手品師は今日も平和を祈る

心の隙間にぬくもり隠して
ポッポッポッ涙の雨が
ポッポッポッ銃声に変わる

手品師は今日も平和を祈る
胸元の鳩が客にバレようとも

 

シルクハットをワンツースリー
憎しみ悲しみ沢山入れて
スカーフかぶせてワンツースリー
鳩が飛び立つホロッホー
平和に向かってホロッホー

 

手品師の鳩は平和のホロッホーはドラマの

予想では1番、2番、3番まであると言われ

ていますが、今の段階ではまだ上の1番だけ

しか情報はありませんでした。

 

基本的に歌の歌詞には何かしらの意味が

込められているのですが、この歌詞意味

を読み取るのは至難の業ですね・・・笑

 

唯一わかっているのは、満島真之介さん

演じる定岡が高校生の時に自作した

ということだけです。

 

まあ歌詞を読んでみた感じではとくに

これ、と言った意味があるようには

思えないのでそこまで深く考える意味は

ないかもしれません。

 

4月29日に放送される第三話を見れば、

何となく意味がわかるかとは思うので

楽しみにしておきましょう☆

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。