村田諒太の判定負けはなぜ(理由)?再戦の可能性と日程はいつ頃?

この記事は4分で読めます

今回は、先日行われた村田諒太選手の世界戦の

・判定負けはなぜ(理由)か

・再戦の可能性と日程はいつ頃

について調べて書いていこうと思います!

 

いや〜〜〜〜

5月20日に行われた村田諒太選手初となる

世界戦ですが、判定負けという結末になって

しまいましたね。

 

村田諒太選手は過去にオリンピック金メダル

獲得したこともあり、日本では1番知名度の

あるボクサーでしょう。

 

なのでテレビでも非常に多くの人が試合を

見ていたかと思います。

 

それでは前置きはこのぐらいにして

さっそく調べて書いていきましょう!

Sponsored Links

村田諒太のプロフィール

 

それではまずは、村田諒太選手の

プロフィールから!

 

出典元:http://www.sanspo.com/sports/news/20140110/box1401…

 

・村田諒太(むらたりょうた)

・生年月日 1986年1月12日

・出身 奈良県奈良市

・職業 プロボクサー

・身長 182センチ

・所属 帝拳ボクシングジム

です!

 

小学6年生の時に両親が離婚をする

など家庭環境はかなり複雑だった

村田諒太選手。

 

それが原因なのか髪の毛を金髪に

したり喧嘩に明けぐれる日々を

過ごします。

 

学生時代、荒れていた村田諒太選手に

担任の先生に

「おまえ、なんかやりたいことはないんか」

と言われて、村田諒太選手は

「ボクシングやったら、やるわ」

と答え、これがボクシングを始める

きっかけとなりました。

 

井上尚弥選手も八重樫東選手も、

最近注目されている田中恒成選手も

みんな若いプロボクサーですが村田諒太選手

がプロになったのは27歳と遅めです。

 

意外かもしれないですが、東洋大学を

卒業したあとは現役ボクサーを引退して

そのまま東洋大学の大学職員兼ボクシング部

のコーチとして勤務をします。

 

大学職員という安定職に就いたのにも

関わらずもう1度プロに復帰をしようと

思ったきっかけは2009年に起きた

東洋大学ボクシング部の不祥事

です。

 

今回の記事は村田諒太選手に関して

なので東洋大学ボクシング部の不祥事

には触れないでおきますね^^

 

プロボクサーになってからの村田諒太選手

のこれまでの戦績ですが

・試合数 12

・勝ち 12

・KO勝ち 9

・負け 0

です!

 

見ての通り未だに負けが0なので

無敗の村田諒太選手ですが、まだ

WBA世界ミドル級2位なので王者

ではありません。

 

オリンピック優勝者なのに属してる

階級では王者ではないってちょっと

変ですよね〜〜笑

 

村田諒太の判定負けはなぜ(理由)?

Sponsored Links

そんな村田諒太選手ですが5月20日

に、WBA世界ミドル級正規王座決定戦

を行い現在王者

ハッサン・ヌダム・ヌジカム選手

と対戦しました。

 

村田諒太選手はダウンを2回ほど奪い

終始試合をリードしていたので、判定に

なった瞬間誰もが勝ったと思ったでしょう。

 

ボクシングを全く知らない私の知り合い

の女性でも、村田諒太選手が勝ったと

思っていました。

 

しかし、判定の結果は2-1で負けるという

世界中が驚く結果に・・・。

 

もちろんネット上ではこのように

驚きの声が多くあがっていました。

 

 

村田諒太選手の判定負けに関して、

八百長

という声も多くあがっています。

 

が、そんなことは私達には全く

関係ない世界なので置いておき

ます。笑

 

村田諒太選手の判定負けに対して、

なぜ?理由は?という意見が多い

ですがこのような意見もありました。

 

 

どうでしょうか?

ボクシング経験者、採点者と素人

では見るポイントが違うので終始

試合をリードしていたかもですが

村田諒太選手よりも実力が上だった

だけなのかもしれません。

 

勝負の世界なので勝った方が強い

ので、仕方がないですがまだ納得

していないファンも多いでしょう。

 

私も素人目線ですが村田諒太選手が

勝ったとは思いましたが、専門家の

意見を聞くと判定は正しいようにも

思えてきます。

 

村田諒太の再戦の可能性と日程はいつ頃?

 

しかし、世界戦から1夜あけた21日

このようなニュースが出てネット上を

わかせました。

 

20日に東京・有明コロシアムで行われた世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦12回戦で、2012年ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(帝拳)がアッサン・エンダム(フランス)に1―2の判定で敗れた結果を受け、WBAのヒルベルト・メンドサ会長は同日、両者の再戦を指示することを明らかにした。WBAの公式サイトで表明した。

メンドサ会長は公式サイトの中で「私の採点では117―110で村田の勝ち。村田選手、(試合を主催した)帝拳プロモーション、日本のボクシングファンに謝罪したい。このダメージを回復する言葉が見つからない」と採点の非を認めた。その上で「(タイトルマッチを管轄する)選手権委員会に両者の直接再戦(ダイレクト・リターンマッチ)を指示するつもりだ」と表明した。

出典元:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK21H08_R20C17A5000000/

 

なんと会長が謝罪をするという結果にw

さらに、会長自ら再戦を要求するという

前代未聞なことになっていますw

 

ハッサン・ヌダム・ヌジカム選手が

再戦を受けるかは今の段階では不明

ですが、王者なら断るなんてことは

しないでしょう。

なので再戦の可能性は高いかと思います。

 

今の段階では再戦の日程がいつなのかは

まだ決まっていないですが、近いうちに

行われるのでは?と思います。

 

ハッサン・ヌダム・ヌジカム選手も

いつまでも日本にいることもできない

と思いますし。

 

村田諒太選手の世界戦に関して今後

どのような動きをみせるのか注目を

しておいた方が良さそうですね。

 

それでは今回の記事は以上になります。

それではまたー!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。