DJYUTO(ユウト)の兄や大学が慶応説を調査!批判の声多数?

この記事は3分で読めます

今回は、DJ界で注目を集めるDJYUTOさんの
・兄
・大学が慶応説
・批判の声が多数なのか
について調べて書いていこうと思います。

最近では若者のクラブ離れが結構進んで
いると思うので、DJと聞いてもすぐに
イメージできない人が多いような気が
します。

昔に比べ、クラブは色々と規制が厳しく
なったりしたり何か事件が起きたりも
するので、怖いイメージもあるでしょう。

ですが、クラブは行って見ると本当に
楽しくて、普段の嫌なことを忘れさせて
くれる空間でもあります。

クラブに欠かせない存在の1つにDJが
います。

DJとはクラブや何かのイベントの時に
音楽を流す人のことを言います。

DJが選曲した曲を流すので、かなり
センスが問われます。

今回紹介するDJYUTOさんは、まだ
若いですが素晴らしいDJなので今後
注目間違いなので調べておこうと
思いました☆

[関連記事]
DJKAORIの年齢や本名は?結婚した旦那や子供は?

Sponsored Links

DJYUTOのプロフィールと大学が慶応説

それではまずは、DJYUTOさんの
プロフィールから!

・DJYUTO
・本名 盛雄登
・生年月日 1994年4月26日
・出身 青森県三沢市
・職業 DJ、大学生
です!

DJと聞くと何となくチャラいイメージが
あると思いますが、DJYUTOさんは真面目に
大学に現在通っています。

さらに、通っている大学を調べてみると
有名な慶應義塾大学なので頭が相当良い
事がわかります。

昼間は真面目な大学生で、夜は大勢の
お客さんを盛り上げるDJとかめちゃくちゃ
かっこいいですね。笑

しかも、写真を見ればわかると思いますが
とてもイケメンなので、女性からモテる
でしょうね〜羨ましい!!

DJYUTOの兄について

Sponsored Links

そんなDJYUTOさんですが、実はDJを
始めたのは兄の雄大さんがきっかけです。

DJYUTOさんがまだ中学2年生だった時に、
兄からターンテーブル(DJの機材)を貰い
DJをやるようになります。

そして、中学3年生になると
TEENS DJ CHAMPIONSHIPという大会に
出場するのですが、周りと自分のレベルの差を
痛感してDJから離れてしまいます。

まあでもこの時のDJYUTOさんはまだ
中学3年生の上に、DJ歴も短く独学だったので
周りと差があっても仕方がないように
思えますが。

その後DJから離れた生活が続きますが、大学に
入り友人とクラブへ行った時にDJへの熱が
再び戻ってきたので開始します。

今度は独学ではなくWORLD DJ ACADEMY
というDJスクールに通います。

WORLD DJ ACADEMYの講師の
DJ KENTAROさんは、過去にDJの世界大会で
アジア人初の優勝をした素晴らしい方です。

さらに、2002年の世界大会では大会史上
最高得点を記録し、ギネス記録にも載っている
と言われています。

こんな素晴らしい方に教わったら誰でも
実力が付いてしまいそうな気がしますね。笑

DJYUTOさんもここで実力を磨き、見事
2016年に開催されたDMC World Finalで
優勝を果たします!!

DMC World FinalとはDJのプロとアマチュアが
混ざって世界一を決める大会です。

まだ23歳とめちゃくちゃ若いので、今後
色々な場所でDJとして活動をすると思うので
楽しみにしておきましょう!

DJYUTOに批判の声が多数?

今回DJYUTOさんに関して色々と調べて
いたら、ヤフーのキーワードに「批判」という
のが目に入ってきました。

DJの世界チャンピオンになった方に対して、
批判的な意見を持つ人がいるのでしょうか??

しかし、DJYUTOさんに関する批判的な声を
調べてみても一切出てこなかったので特に気に
する必要はないように思います。

また、日本のDJを代表するDJKAORIさんに
対しても「下手」などの批判的な声があるので
これはもう仕方がないと思うしかないですねm(_ _)m

一昔前では、DJをやるには結構金銭面とか
技術面で難しかったですが最近ではパソコンを
使えば比較的かんたんにすることが可能と
なっています。

クラブに行けばわかりますが、DJはみんな
パソコンを使ってDJをしています。
(グアムのクラブもそうでした。笑)

まあパソコンを使ったDJに対しては
「あんなのはDJではない!」という批判的な
声はありますが、これは時代の流れですね。

もしも、あなたがDJに興味があるのならば
すぐにはじめて見るのをおすすめします!

[関連記事]
DJKAORIの年齢や本名は?結婚した旦那や子供は?

それでは今回の記事は以上になります。
最後まで読んでいただきありがとうございます!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。