カメラを止めるな(映画)のネタバレ・感想・評価について

この記事は5分で読めます

今回は2018年に公開された映画、カメラを止めるなの

  • ネタバレ
  • 感想
  • 評価

について調べて書いていきます。

タイトル通りネタバレを含むので、内容には注意して下さい☆

U-NEXTが31日間無料キャンペーン中です!
この機会に好きな映画・ドラマを見てはどうでしょうか?

無料でU-NEXTを利用する

※登録は5分で済みます

カメラを止めるなのネタバレ

物語は山奥にある廃墟から始まります。

「目を覚まして!!」と女性が叫びました。

ゾンビ化した男性が襲ってきています。

二人はカップルだったのか、女性は斧を持っているにもかかわらず男性に攻撃をしようとしません。

そしてそのまま角へ追い詰められ自分自身もゾンビとなってしまいます。

カットー‼‼

このゾンビ映画を撮影している監督が叫びました。

スタッフがどよめきます。これで42テイク目です。

監督は女優に詰め寄り怒鳴り散らしました。

「もっと本物の恐怖をだせよ。なぜでないか分かるか?お前が嘘っぱちで生きているからだよ!」

女優だけではなく男優にも怒鳴りました。

「それにお前何なんだ本番前もごちゃごちゃ口答えしやがって!」

ヒートアップする監督に場は騒然とし、いったん休憩に入りました。

二人は42テイクにも及んだ撮影での疲れと監督の暴言に腹を立て休憩に入ったところ、撮影スタッフの一人でメイク担当の女性は場を和ませるために自分が護身術を習っていることを話し、実演して見せました。

そして、この廃墟にまつわる噂を話始めました。

この廃墟は使われなくなった貯水場ではあるが、実は秘密裏に戦争中に日本軍が使っていた実験施設で人間をよみがえらせる人体実験だった。といいました。

この話には続きがあり…

二人はただの噂だと笑う反面非常に怖がりました。するとドアが突然ドン!大きい音を立てました。

何⁉と困惑する3人に突如ゾンビが襲ってきました。

何とか生き延びた3人は互いに何度も安否確認をしました。

すると興奮状態の監督が本物のゾンビが現れて大喜びしながらこの廃墟の噂を本物にしたと話し始めたところ、坊主のスタッフがちょっと、ちょっとと挙動不審で半分怒鳴るように外へ飛び出していきました。

廃墟の奥のほうでドンと音が鳴り女優が何か物音がする。と2回言いました。

いまだ興奮したままの監督はカメラ目線でカメラはそのまま!といい飛び出していきました。

廃墟のいたるところ出現するゾンビたちから逃げるため車に向かいましたがゾンビに追いつかれ襲われているところに監督が合流しもっと怖がれ!と叫んでいました。

車のキーをゾンビから奪うため女優がゾンビを押し倒し押し倒されの攻防を繰り返している中二人を移すカメラは地面に転がり斜めった状態になりました。

画面外へ女優とゾンビが走っていくとカメラもまた女優を捕えるために走り出しました。

地下道を通りゾンビを巻いた女優と男優の二人はメイクさんが待つ廃墟へ向かいました。

メイクさんは女優が足を怪我したことに対して念のためだから!と女優を斧で襲い始めました。

二人はメイクさんから逃げ、その道中にゾンビにも襲われましたがメイクさんが次から次へとなぎ倒していきました。

屋上に逃げた二人でしたが逃げ場がなくなり男優とメイクさんが絡み合いを始めました。

女優がキャー!と叫び、叫び、叫び続け数分間叫び続けた結果、男優がメイクさんを斧で殺していました。

男優がもう大丈夫と近づくと女優は感染した私に近付かないでといい、屋根から降りて小屋へ逃げ込みました。

小屋で傷口をこすっているとぺりっと剥がれました。

最初の撮影の時に付けた傷メイクだったのです。するとゾンビが目の前まで来て、去っていきました

小屋から出る道中で斧を見つけ装備しました。

男優を探しに屋上へ向かったところ、男優はすでに感染しており女優を襲いかかろうとしました。メイクさんが飛び起き何あれ!と叫びまた倒れました。

ゾンビとなった男優が一歩一歩と近づいてきましたが何度か立ち止まりまた一歩一歩とゆっくり近づかれ…

リアルを求めて興奮した監督が登場しそれだよ!と叫びました。

女優が愛していると言い放ち男優の首を斧で跳ね飛ばしました。

そして怒り狂った女優は自分を助けてくれなかった監督を斧で滅多打ちにしました。

屋上の端に向かった女優は、本物のゾンビが現れた原因となった血で書かれた魔法陣のようなものの中央で空を仰ぎました。

そして物語は終わりました。

Sponsored Links

カメラを止めるなの感想

ここからは個人的な感想になりま…せん。映画の本編に触れながらの感想になります。

この映画は非常に低予算で作られており、簡単に言うとゾンビ映画を撮りに来た撮影隊を題材にした映画を撮った映画です。

冒頭から30分ノーカットで始まったこの手振れ映画は、次の場面で数か月前にさかのぼります。

テレビ局のプロデューサーでゾンビ・チャンネルを立ち上げた古沢と笹原 に呼ばれた映画監督、日暮隆之は生放送で30分ノーカットゾンビ映画課企をするという無茶ぶりを受けました。

監督はスタッフと出演者に合流し準備を進めていくのですが宜しくで~すと適当な女優、口答えばかりの男優、飲んだくれのスタッフなどなど個性豊かすぎて一向にまとまらないキャスト構成で本番を迎えました。

が、監督役が現れず急遽、監督自身が監督役で出演したりメイク役も撮影現場に来れなくなり元女優で監督の妻がメイク役を行ったり、飲んだくれは本番中もよってぶっ倒れたり、硬水を飲むとお腹を痛めるスタッフ役が本番中に飛び出したりとハプニング続きで冒頭ノーカットシーンで起きた不可解な伏線を次々笑いに変えながら回収していきます。

この映画はゾンビ映画を撮る撮影隊たちを描いたノーカットの生放送を撮影したものを撮影しているため、後半に行くにつれてどんどん謎が解き明かされていきながら笑いのポイントも増えていくコメディ映画でした。

雰囲気はどことなく吉本新喜劇のような笑いどころがあり、幅広い年代層におススメできる作品でした。

唯一悪い点を挙げるとすれば初めのシーンは手持ちカメラでノーカットが続くため手振れがひどく画面酔いしやすい人にとっては地獄だと思いました。

ですが、そのシーンを我慢して細かいところまで見ていくと中盤の裏側シーンで非常に笑えるため是非最後まで見てほしい作品でした。

あらかじめB級映画として見始めればいい意味で裏切られるコメディ映画です!「カメラは止めるな!」という題名自体笑えるポイントでした。

Sponsored Links

カメラを止めるなの評価

続いて、カメラを止めるなを視聴した方の声を見てみましょう。

Sponsored Links

映画を安全に無料視聴する方法

最後にお知らせです!

東証一部上場企業が運営しているU-NEXTという

  • 4500作品以上の映画(洋画/邦画)
  • 国内ドラマ430作品以上
  • 海外ドラマ320作品以上
  • 1600作品以上のアニメ

が見放題の動画配信サービスが今、最初の31日間限定で無料キャンペーンを行っております!(登録は5分で済みます)

さらに、無料会員登録と同時に600ポイントがすぐに配布されるので

これは

  • ポイントが必要な最新作品
  • 映画のチケットにも利用できる

などに使えるのでかなりお得かと思います。

過去の作品はもちろん、最新映画や現在放送中のドラマもガンガン配信されていきます。

今なら期間限定無料キャンペーン中なので、あなたも好きな映画やドラマを見てみてはどうでしょうか?

無料でU-NEXTを利用する

※登録は5分で済みます

それでは!!

Sponsored Links



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。